“技術の統合・最適化によるダイカストの生産性向上 研究部会”委員公募

2013-04-17

公益社団法人日本鋳造工学会
研究委員長 神戸 洋史

下記の通り,ダイカスト研究部会の委員を公募いたします.「技術の統合・最適化によるダイカストの生産性向上」をテーマとして,金型,離型剤,鋳造モニター&管理システム,溶湯管理などの周辺技樹tに枠を広げ,これらの工法技術と管理技術との統合や最適化により,さらなる不良低減,サイクルタイムの短縮について取り組んでいきたいと考えています.

参加を希望される方は申込書に記入の上,期限までに幹事までお申込みください.

 

    ・研究活動期間 : 2013年4月から3年間

    ・委員会回数   : 4回/年 (第1回目は平成25年6月中旬に名古屋で開催予定)

    ・構成委員数   : 約50名

    ・部 会 長    : 佐々木 英人(株式会社アーレスティ)

    ・幹事・申込先  : 井澤 龍介(リョービ株式会社)                
                 E-mail: r-izawa(at)ryobi-group.co.jp ※(at)を@に変えてください

     ・年 会 費    : 30,000円

     ・申込期限    : 平成25年5月31日

 

     ・研究部会 委員募集のご案内 申込書(会告)
           

 



プライバシーポリシー | アクセスマップ
Copyright© 2010 Japan Foundry Engineering Society. All Rights Reserved.