公益社団法人日本鋳造工学会|Japan Foundry Engineering Society

高冷却金型による急冷凝固の研究部会

鋳鉄研究部会

研究部会への参加申し込み・ご意見・お問い合わせ等は以下のお問い合わせフォームより送信いただきますようお願い致します。

部 会 長 清水 一道(室蘭工業大学 もの創造系領域)
幹  事 旗手 稔(近畿大学 工学部)
研究テーマ 鋳鉄の品質向上に関する研究
趣旨 溶解素材の安定供給、信頼される品質、技術の伝承、そして人材育成など鋳造業界には多くの課題があります。
例えば、鋼材スクラップが安定して供給されたとしても、その化学組成は用途に応じた鋼材に依存して変化するため、鋳鉄の材質はスクラップの主要成分や微量元素の影響を強く受けることになります。
鋳鉄製造メーカーがスクラップの組成範囲を規定することはできないので、鋳造技術者が知恵を絞って鋳鉄材料の品質を保証しなければなりません。こういった現状を考慮しながら、鋳造業ではグローバル化に向けた国際競争力の向上を図る必要があります。鋳造技術に関する先進国の地位を維持するためには研究活動のさらなる活性化及び情報提供・意見交換の場を提供することはとても重要であると考えられます。
本学会では、鋳鉄の品質向上を追求すると同時に、技術の伝承と人材育成を考慮した包括的な研究活動を推進し、鋳鉄の溶湯性状、機械的性質、溶解設備や接種効果、鋳造欠陥対策、鋳物肉厚や成分元素の影響などが、活発に議論できるように設定します。
より高機能な鋳鉄が製造できる技術を開発することを目的に、新しい接種剤や補助剤の開発や溶湯処理技術の確立なども包含し、実験検証による研究成果としてまとめる活動をします。
研究部会への誘い 鋳鉄研究部会は、公益社団法人日本鋳造工学会の常設研究部会の1つとして、鋳鉄の品質向上に関する研究発表、情報提供、意見交換を行い、鋳造業界の発展に貢献するために活動をしています。
研究部会は、都内にて年に約3回、平日の13時30分~17時に開催しています。興味関心のある企業、研究所または大学等の方々の参加をお願い致します。
詳細は、部会長または幹事までお問い合わせ下さい。
研究部会の歴史 1960年代はじめに発足した「キュポラ部会」から1969年に「鋳鉄溶解研究部会」に改名され、2008年に「鋳鉄材料研究部会」との合同部会となり、名称を現在の鋳鉄研究部会に改めて設立された伝統ある研究部会です。

□ 研究部会名

「高冷却金型による急冷凝固の研究部会」

 

□ 研究テーマ

  • 「高冷却金型による急冷凝固の研究」

 

□ 趣 旨

「ダイカストを含む金型鋳造の品質,生産性は,金型の冷却能力に大きく支配されており,この技術革新を目的に高冷却型技術と急冷凝固による品質向上に関する知見を見出してゆく」

 

平成25年度活動状況

第4回

日時 平成28年 4月 5日(火) 13時30分~17時
場所 航空会館 貸会議室 504会議室
内容 片状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn、Cr、Mo、N添加の影響
岩手大学 ○平塚 貞人、小綿 利憲、堀江 皓
注湯プロセスの数理解析に基づくモデルベースト注湯制御
山梨大学 野田 善之
エロージョン摩耗における球状炭化物鋳鉄の衝突角度依存性
室蘭工業大学 清水 一道、○楠本 賢太

   日時 2013年04月12日(金)
   場所 日比野工業(株) 本社
   内容
   (1)前年度に終えた実験データの検討を行った
   (2)データのまとめの方向性を決定した
   (3)実験で得られた試料の分析の役割分担を行った
   (4)次回を11月に開催し、それまでに(2)(3)を完了することとした

 

平成24年度活動状況

第3回

日時 平成28年 4月 5日(火) 13時30分~17時
場所 航空会館 貸会議室 504会議室
内容 片状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn、Cr、Mo、N添加の影響
岩手大学 ○平塚 貞人、小綿 利憲、堀江 皓
注湯プロセスの数理解析に基づくモデルベースト注湯制御
山梨大学 野田 善之
エロージョン摩耗における球状炭化物鋳鉄の衝突角度依存性
室蘭工業大学 清水 一道、○楠本 賢太

   日時 平成24年9月27日(木)
   場所 日比野工業 本社
   内容
   ・グラビティ実験型での基礎実験で得られたデ-タを報告した。
   ・ダイカスト実験型での実験に向けて、実験型の構想と実験方法の検討をした。
   ・ダイカスト実験型で使用する金型材質、表面処理の選定を行なった。
   ・ダイカスト実験時に使用する冷却装置の概略を検討した。

ダイカスト実験

日時 平成28年 4月 5日(火) 13時30分~17時
場所 航空会館 貸会議室 504会議室
内容 片状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn、Cr、Mo、N添加の影響
岩手大学 ○平塚 貞人、小綿 利憲、堀江 皓
注湯プロセスの数理解析に基づくモデルベースト注湯制御
山梨大学 野田 善之
エロージョン摩耗における球状炭化物鋳鉄の衝突角度依存性
室蘭工業大学 清水 一道、○楠本 賢太

   日時 平成25年1月15日(火)(第1回)
   場所 日比野工業 西尾工場
   内容 ・ダイカスト実験型と冷却装置を用い、350tダイカストマシンで予備実験を行なった。

   日時 平成25年2月26日(火)(第2回)
   場所 日比野工業 西尾工場
   内容 ・前回と同じ実験型、装置を用い本実験を行なった。

第4回

日時 平成28年 4月 5日(火) 13時30分~17時
場所 航空会館 貸会議室 504会議室
内容 片状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn、Cr、Mo、N添加の影響
岩手大学 ○平塚 貞人、小綿 利憲、堀江 皓
注湯プロセスの数理解析に基づくモデルベースト注湯制御
山梨大学 野田 善之
エロージョン摩耗における球状炭化物鋳鉄の衝突角度依存性
室蘭工業大学 清水 一道、○楠本 賢太

   日時 平成25年4月12日(金)
   場所 日比野工業 本社
   内容 
   ・平成24年度の経過報告
   ・実験データの検討を実施した。
   ・解析の方向と内容の確認を行い、解析の役割分担を決定した。
   ・H25年度の活動スケジュールを検討し、決定した。

 

平成23年度活動状況

第1回
日時 平成28年 4月 5日(火) 13時30分~17時
場所 航空会館 貸会議室 504会議室
内容 片状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn、Cr、Mo、N添加の影響
岩手大学 ○平塚 貞人、小綿 利憲、堀江 皓
注湯プロセスの数理解析に基づくモデルベースト注湯制御
山梨大学 野田 善之
エロージョン摩耗における球状炭化物鋳鉄の衝突角度依存性
室蘭工業大学 清水 一道、○楠本 賢太

 

日時  6月30日(木)
場所 日比野工業(株) 本社

内容(発表題目、発表者)
    キックオフおよび今後の活動内容の打合せを行った。
    今年度はグラビティ実験金型および実験装置を製作し、金型材質・表面処理および冷却条件を
    変更して、引き抜き力と凝固組織に与える影響について基礎調査を行う事を決めた。

第2回
日時 平成28年 4月 5日(火) 13時30分~17時
場所 航空会館 貸会議室 504会議室
内容 片状黒鉛鋳鉄の材質に及ぼすMn、Cr、Mo、N添加の影響
岩手大学 ○平塚 貞人、小綿 利憲、堀江 皓
注湯プロセスの数理解析に基づくモデルベースト注湯制御
山梨大学 野田 善之
エロージョン摩耗における球状炭化物鋳鉄の衝突角度依存性
室蘭工業大学 清水 一道、○楠本 賢太

日時 11月 4日(金)
場所 日比野工業(株) 西尾工場

内容(発表題目、発表者)
   第1回打合せの結果を受け、共同実験の第一回実験を行った。
   第一回実験を終えての課題の整理と今後の実験方法のあり方について議論し、今後の実験内容および
   実験方法を決定した。

第3回目移行

グラビティ実験金型および装置を用いて以降4回の実験を行い、実験方法の確立と、金型材質および冷却条件を変えた時の、引き抜き力および凝固組織の測定を行い、現在、データの解析を行っている。

2012年度は解析結果を基に、冷却装置の試作と、同装置を用いてのダイカスト実験型での実用化実験を実施する。

 

 

【鋳鉄研究部会】お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先

TEL   FAX

メッセージ本文

 

 メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
  OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本鋳造工学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.