公益社団法人日本鋳造工学会|Japan Foundry Engineering Society

鋳造・ダイカスト工業における 現場技術改善事例集

鋳造・ダイカスト工業における 現場技術改善事例集

体裁:A4版 本文ページは上記
発行:平成17年12月 (社)日本鋳造工学会 編集委員会
価格:会員価格 3,000円(税込み) +送料510円
   5分冊セット 12,000円(税込み)+送料510円
申込:当会事事務局へFAXをお送りください


全5分冊

第1分冊 : 環境・溶解・注湯・模型
第2分冊 : 造型ライン
第3分冊 : 主型・中子
第4分冊 : 鋳鉄・鋳鋼
第5分冊 : アルミニウム合金鋳物・ダイカスト

本書は(社)日本鋳造工学会発行の会誌「鋳造工学」に1995年1月から2005年8月まの約10年間に掲載した現場改善事例の中から274編、約1,000ページを越える事例を集め、読む人にわかりやすく再編成しました。「発刊に寄せて」を執筆している会誌編集委員長の以下の一節にこの本の特徴が集約されています。

この「現場技術改善事例集」を発刊するに至ったきっかけは、海外からのダイカストの研修生を国内企業に案内していた際に、「生産現場における日本のKAIZEN(改善)技術はすばらしいものがあります。是非これを学び、自国のダイカスト産業の発展に役立てたい」との話を聞いたからです。

これまで「鋳物」と「鋳造工学」には、鋳造技術のノウハウ、勘所、試行錯誤の過程がぎっしり詰まった「現場技術改善事例」が紹介されていますが、この情報を効果的に活用する手段はないかと考え、「現場改善事例」の内容を分野別にまとめることで、より見やすく、使いやすいノウハウ本として出版することにいたしました。是非、各社の人材育成と技術基盤の確立に役立たせ、日常的なあるいは、突発的に生じる現場技術の改善に活用していただきたいと思います。

是非手元におかれご活用いただきますようご案内いたします。

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本鋳造工学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.