公益社団法人日本鋳造工学会|Japan Foundry Engineering Society

特殊鋳型研究部会

特殊鋳型研究部会

研究部会への参加申し込み・ご意見・お問い合わせ等は以下のお問い合わせフォームより送信いただきますようお願い致します。

部 会 長 黒川 豊(株式会社ツチヨシ産業)
幹  事 簑輪 幸三(元埼玉県産業技術総合センター北部研究所)
研究テーマ 特殊鋳型システムと環境適応化に関する研究
趣旨 特殊鋳型システムの環境適用化を進める。①環境汚染発生源減少、②低エネルギー再生法、③再生砂・新砂評価法、④低環境負荷人工砂適用検討、⑤樹脂の低臭化取り組み、⑥低環境負荷鋳型開発検討、などを目的とする。
研究部会への誘い 本研究部会は、上記の趣旨を基に、研究活動を続けてきました。毎年4回の研究部会を開き、毎回4件程度の研究発表が行われています。現場の実操業と関係する研究発表が多いため、毎回活発な質疑応答が行われています。研究期間が終わると、研究成果をまとめて研究報告書を発行します。また、「鋳造工学」にレビューとして投稿し、全国講演大会にてオーガナイズドセッションを開催する予定です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡頂ければ幸いです。
研究部会の歴史 本研究部会は、黒川豊を部会長として、簑輪幸三と増田伸二を幹事として、平成26年4月に設立されました。参加メンバーは33人で、その内訳は会社(24)社、研究機関・団体・個人(8)、大学(1)などになっています。
本研究テーマは、平成29年3月に完了する予定です。完了後には、新しい体制で新しい研究テーマを選び、「特殊鋳型」の研究活動を続けたいと思います。

平成29年度(2017年度)活動状況

第1回
日時 平成29年4月6日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1. 砂型の粘結剤としての水ガラスの性能と評価 (富士化学株式会社 須永基男)
2. 高強度・低S(非危険物)フランバインダー カオーライトナーEF1102 (花王クエーカー株式会社 木内一彦)
3. サンド入りセラミックシェル鋳型材(パターンモールド)を使用した鋳型製作法 (キンセイマテック株式会社 和久田竜史)
4.人工砂の特性と適用事例 (株式会社ツチヨシ産業 黒川豊)

平成28年度(2016年度)活動状況

第1回
日時 平成28年6月9日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1.無機砂型を形成する架橋構造と加熱変化特性( 産業技術総合研究所 小菅 勝典)
2.3次元積層造型法について( 群栄化学工業株式会社 永井 康弘)       
3.鋳鉄鋳造品(ひけ試験片,ステップコーン試験片)のガス欠陥に対する鋳型の影響( ㈱ツチヨシ産業 天久 裕樹)
4.球状黒鉛鋳鉄の黒鉛粒数に及ぼす球状化処理後の溶湯中に懸濁する生成物量の影響(関西大学 丸山 徹)
第2回
日時 平成28年10月6日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1.凍結鋳型鋳物の機械的特性および凍結中子の実用化検討 (産業技術総合研究所 尾村 直紀)
2. 新規環境対応型自硬性フラン樹脂について (神戸理化学工業株式会社 塚田伸明)
3. 球状酸化鉄を添加した球状人工砂鋳型の特性 (伊藤忠セラテック株式会社 亀田貴之
第3回
日時 平成28年12月1日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1. アルミナ系球状人工砂からなるRCSの繰り返し再生におけるカルシウムの蓄積と影響 (山川産業株式会社 小楠竜也)
2. シェルモールド鋳型の2次焼成について (旭有機材工業株式会社 小川文幸)
3. 少量小型自硬性連続混練機の開発 (新東工業株式会社 青木達行)
第4回
日時 平成29年2月1日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1. RCS特性(硬化性・ピールバックに及ぼす湿度の影響 (株式会社トウチュウ 中野寿之)
2. 粒度分級したRCSの評価(日立化成株式会社 野口悠一
3. 空気断熱押湯スリーブ(株式会社瓢屋 曽根孝明)
4. コールドボックス用長寿命離型剤(ASKケミカルズジャパン株式会社 間瀬和行)

平成27年度活動状況

第1回
日時 平成27年6月25日(木)
場所 早稲田大学西早稲田キャンパス 55号館N棟1F大会議室
内容 1.青森県産砂の鋳物砂への適用化( (株)瓢屋、水谷委員)
2.焼結球状人工砂を用いた鋳型へ酸化鉄含有塗型を適用したことによる鋳造欠陥抑制
 (伊藤忠セラテック(株)、亀田委員)
3.鋳鉄ピンホール欠陥に及ぼす鋳造方案の影響 (TCT鋳造技術事務所、竹本委員)
4.コントローラー用硬化剤の開発(花王クエーカー(株)、加藤委員)
5.本格実用化された無機バインダー(ASKケミカルズジャパン(株)、間瀬委員)
6.Vプロセスの生産技術とその適用事例(新東工業(株)、岩崎委員)
7.石英の結晶状態がけい砂の耐破砕性に与える影響調査(山川産業(株)、小楠委員)
8.水ガラス脱水縮合プロセスの基礎評価((株)ツチヨシ産業、天久委員)
9.HSBプロセス鋳型造型法とその応用(リグナイト(株)、西田委員)
10.石マグネシウム珪酸塩を硬化剤とした無機自硬性鋳型の硬化強度に及ぼす水ガラスのモル比の影響
 (関西大学、丸山委員)
第2回
日時 平成27年9月10日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1.プライマリー層用人工鋳型材料を用いた鋳型の特性(伊藤忠セラテック㈱、亀田委員) 
2.GIFA視察報告 (㈱瓢屋、曽根委員)
3.3. 球状黒鉛鋳鉄の機械的性質に及ぼす鋳型温度の影響 (㈱アイメタルテクノロジー、安藤委員)
第3回
日時 平成27年12月4日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.砂型の積層造形における砂の焙焼再生((株)木村鋳造所 富田祐輔)
2.中子砂焼付き(差込み)不良改善報告書(KYB-CADAC(株) 今井 銀平)
3.マイクロX線CTを用いたシェル鋳型の砂粒子接点のレジン量測定((株)ツチヨシ産業 黒川 豊)
第4回
日時 平成28年2月12(金)
場所 (株)木村鋳造所 御前崎工場 
内容 工場見学会 
1.工場の概要説明
2.工場見学(3班)
3.質疑応答

平成26年度活動状況

第1回
日時 平成26年6月6日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.ブレンド方法の違いによるRCS特性への影響調査(日立化成工業㈱、大和田委員)  
2.押湯を半減する新技術『断熱押湯スリーブ』の開発(瓢屋㈱、曽根委員)
3.砂型鋳造のための高速で効率の良い方法(岡崎ヒュッテナス・アルバータス化成㈱、石田委員)
4.仕分けRCSの曲げ強さ(群栄化学工業㈱、渡辺委員)
第2回
日時 平成26年9月4日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1.バイオマス樹脂を使用した臭気改善『マイルドRCS』の開発(㈱トウチュウ、伊藤委員) 
2.低臭気レジンコーテットサンド『ヘキサパス』(旭有機工業㈱、鉄山委員)
3.φ50砂型TP温度測定による鋳型の高温挙動(㈱アイメタルテクノロジー、佐藤前部会長)
4.鋳鉄鋳造欠陥品の走査電子顕微鏡像と実体顕微鏡写真の比較(㈱ツチヨシ産業、黒川部会長)
第3回
日時 平成26年12月4日(木)
場所 日星産業㈱
内容 1.石英の結晶状態がけい砂の耐破砕性へ与える影響調査(山川産業㈱、小楠委員) 
2.人工骨材(FineBZ)による各種試験(神戸理化学工業㈱ 増山委員)
3.ブレンド方式の違いによるRCS特性への影響調査② (日立化成㈱、野口委員)
4.『鋳鉄鋳造欠陥品の走査型電子顕微鏡像と実体顕微鏡像写真の比較』そのⅡ
 (鋳鉄鋳物のSEM EDSによる分析法とその応用)( ㈱ツチヨシ産業 黒川部会長) 
第4回
日時 平成27年2月6日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.高性能フランバインダーの開発(花王クエーカー㈱、木内委員)  
2.特殊砂、砂鉄の市場概要(キンセイマテック㈱、梅蔭委員)
3.鹿島砂の吸湿性及ぼす影響因子(㈱アイメタルテクノロジー、佐藤前部会長)

平成25年度(2013年度)活動状況

第1回
日時 平成25年6月6日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.コントローラー用硬化剤の開発 (花王クエーカー㈱ 木内一彦)
2.インドネシアにおける建機産業と鋼鋳物産業調査 (TCT鋳造技術事務所 竹本義明)
3.鋳型界面における炭素質挙動の基礎調査 ((株) アイメタルテクノロジー佐藤和則)
第2回
日時 平成25年6月6日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.HSBプロセス鋳型造型法とその応用 (リグナイト株式会社 西田伸司)
2.Vプロセスの生産技術とその適用事例 (新東工業(株) 大場卓文)
3.鋳鉄ピンホール欠陥に及ぼす鋳造方案の影響 (TCT鋳造技術事務所 竹本義明)
4.人工砂を用いたインクジェット式三次元積層造形技術について ((株)木村鋳造所 福田葉椰)
第3回
日時 平成25年6月6日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.三次元デジタイザーの活用について(KYB・CADAC ㈱ 西田政敬)
2.ばい焼再生砂の色差としゃく熱減量((株)ツチヨシ産業 上林仁司)
3.球状酸化鉄を添加したシェル鋳型の熱分析結果による冷却効果の検討(伊藤忠セラテック㈱ 伊藤悠太)
4.有機鋳型を用いた鋳鉄鋳物のピンホール発生機構について(TCT鋳造技術事務所 竹本義明)
第4回
日時 平成25年6月6日(金)
場所 日星産業㈱
内容 1.自硬性砂の混練後の経過時間と強度の関係 (㈱神戸製鋼所 堤 一之)
2.消失模型用塗型剤の温度依存性、吸湿試験 (神戸理化学工業 増山伸明)
3.Surprising Solution Helps Cut Binders Toxicity (日立化成㈱ 大和田 芳郎)
4.生型湿態性質に及ぼす中子砂の影響 (㈱アイメタルテクノロジー 佐藤 和則)

 

【特殊鋳型研究部会】お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先

TEL   FAX

メッセージ本文

 

 メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
  OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本鋳造工学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.