公益社団法人日本鋳造工学会|Japan Foundry Engineering Society

軽合金研究部会

軽合金研究部会

研究部会への参加申し込み・ご意見・お問い合わせ等は以下のお問い合わせフォームより送信いただきますようお願い致します。

部 会 長 中山 栄浩(山梨大学)
幹  事 原田 陽平(東京工業大学)
岩澤 秀(静岡県工業技術研究所)
茂泉 健(いすゞ自動車(株))
研究テーマ アルミニウム合金鋳物の熱処理に付随する諸現象の統一的理解
趣旨 軽合金研究部会では直近2期の活動を通じて、AC4CH合金を主体とするAl-Si-Mg系合金鋳物のミクロ組織と強度特性に及ぼす溶体化処理と時効処理の影響を系統的に検討し、数々の有意な成果を報告してきた。
一方で、研究・開発動向の変化や新規材料開発への期待などを勘案すると、溶体化や時効処理に関連して検討すべき各種現象の中でも、検討が十分とは言えない案件が散見される。
例えば、T6処理だけでなくT4処理やT5処理に伴う諸現象の検証、焼入れに伴う残留応力やひずみの統一的評価法やそれらの低減方法の確立、さらには使用中に生じる永久成長の評価法や抑制法の確立などである。
加えて、新規分析・評価方法の導入により、熱処理にかかわる各種現象を異なる視点から捉え直すことを通じて、新たな知見が得られる可能性も挙げられる。
そこで今期の研究部会では、溶体化と時効処理に関連する様々な現象をターゲットとしつつ、過去の検討が十分とは言えない案件について系統的に検討を行うことを目指した研究を行う。
研究部会への誘い 軽合金研究部会は、アルミニウム合金鋳物の研究開発にかかわる企業、大学および公設試の技術者と研究者から構成され、自由闊達な雰囲気の中で上記の主旨に基づいた研究活動が行われている。本研究部会の特徴として、「共同研究」の実施が挙げられる。研究活動は3年間を基本として、初年度に話題提供やアンケートの実施などを通じて、共同研究テーマに関する絞り込みを行うとともに、具体的な研究計画を立案する。
2年目は、共同研究を効率的に進めるとともに、逐次、研究部会を開催し、得られた研究結果について議論を行う。最終年度は、共同研究成果の取り纏めを行うとともに、研究報告書の作成ならびにシンポジウムの開催を通じて共同研究成果を広く公開し、当該分野における技術の発展に貢献する。またその間、国内外の学術研究誌について調査を行い、「鋳造工学」誌に「レビュー」として掲載することを通じて、アルミニウム合金鋳物に関する最新の研究開発動向を紹介している。」
このように軽合金研究部会は、参加委員の意向に基づいた共同研究の立案と実施を特徴としているので、個々の皆様が抱えている関心事について効率良く関連知識・情報を収集することができます。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
研究部会の歴史 軽合金研究部会は、アルミニウム合金鋳物に関する研究を目的に、昭和49年に発足したようである。企業と大学、公設試の技術者と研究者が集まり、共通のテーマを抽出して、共同実験を行うことで、技術力を向上させることを目的としてきた。その考え方は現在も受け継がれており、情報交換だけでなく、共同研究が大きな柱となっている。
発足からの研究テーマ、部会長、幹事は下記のとおりである。研究内容の詳細は日本鋳造工学会が発行している「研究報告書」を参考にしていただきたい。

軽合金研究部会の経緯

テーマ

部会長

幹事

委員数

亜共晶Al-Si合金の引け性に及ぼすNa改良処理の効果

東工大

高橋恒夫

東工大

神尾彰彦

産:12

学:7

JIS鋳物用アルミニウム合金の問題点

東工大

高橋恒夫

東工大

神尾彰彦

産:14

学:7

不純物を含むアルミニウム合金鋳物の疲れ強さ

早大

雄谷重夫

日軽金

久保田昌男

三菱軽金属

本間梅夫

産:15

学:6

アルミニウム合金鋳物の組織と機械的性質 

-主として冷却速度による組織変化と疲れ強さ-

三菱軽金属

本間梅夫

日軽金

北岡山治

早大鋳研

藤井孝彦

産:15

学:7

アルミニウム合金鋳物のガス含有量と機械的性質

東工大

高橋恒夫

日軽技研

北岡山治

東工大

神尾彰彦

産:15

学:6

アルミニウム合金鋳物の介在物と機械的性質に関する研究

早大

雄谷重夫

日軽技研

北岡山治

東工大

神尾彰彦

産:12

学:7

Al-Si系合金のSrによる改良処理

東工大

神尾彰彦

日軽金

北岡山治

昭和電工

石坂信啓

産:16

学:8

Al-Si系合金の鋳造諸特性に及ぼす微量元素の影響

-引け性測定・評価方法の検討-

日軽金

北岡山治

東工大

手塚裕康

産:16

学:8

Al-Si系合金の鋳造諸特性に及ぼす微量元素の影響

-引け性の定量評価-

東工大

神尾彰彦

昭和電工

石坂信啓

日産自動車

神戸洋史

産:17

学:8

引裂試験によるAC4CH合金鋳物の簡易靱性評価

日産自動車

神戸洋史

昭和電工

石坂信啓

東工大

手塚裕康

産:18

学:7

アルミニウム合金鋳物の高品質化と信頼性向上2

東工大

手塚裕康

日産自動車

神戸洋史

産:18

学:7

アルミニウム鋳造合金のミクロ組織,機械的性質に及ぼす溶体化処理条件の影響

-高速昇温,高温保持の効果と限界-

東工大

熊井真次

日立金属

山浦秀樹

産:20

学:9

導電率測定によるアルミニウム合金鋳物のミクロ組織および材料特性の予測

-簡易型導電率測定器による鋳造・熱処理品質管理の新しい提案-

日立金属

山浦秀樹

静岡県工技

岩澤 秀

東工大

原田陽平

いすゞ自動車

茂泉 健

産:23

学:10

平成28年度(2016年度)活動状況

第1回
日時 平成28年6月6日(月)
場所 早稲田大学西早稲田キャンパス
内容 1. 鋳造時に発生する残留応力の計算予測について(早稲田大学 吉田 誠 先生)
2. Al-Si合金における共晶凝固の複雑さと面白さ(アイシン・エィ・ダブリュ㈱ 森中 真行 様)
第2回
日時 平成28年9月12日(月)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1. 日本鋳造工学会軽合金研究部会の歴史(日産自動車㈱ 神戸 洋史 様)
2. アルミニウム合金鋳物のT5処理のお話(富山大学 才川 清二 先生)
3. アルマイト処理のピストンへの適応(マーレエンジンコンポーネンツジャパン㈱ 大日向 秀夫 様)
4.  自動車エンジン材料の熱伝導率の評価(いすゞ自動車㈱ 飯塚 建興 様)

平成27年度(2015年度)活動状況

第1回
日時 平成27年6月9日(火)
場所 大田区産業プラザ(蒲田)
内容 1.シンポジウム
「導電率測定によるアルミニウム合金鋳物のミクロ組織および材料特性の予測-簡易型導電率測定器による鋳造・熱処理品質管理の新しい提案-」

平成26年度活動状況

第9回
日時 2014年6月23日(月)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「渦電流方式による導電率測定」 吉川 仁

平成25年度活動状況

第6回
日時 2013年7月11日(木)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「アルミニウム合金鋳物の導電率測定 予備実験結果報告②」  茂泉 健
2)「アルミニウム合金展伸材の導電率測定~硬さの異なる2000系合金の導電率測定結果~」  黒木 康徳
第7回
日時 2013年11月21日(木)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「各種鋳造材料の導電率測定結果①」 林 憲司
2)「各種鋳造材料の導電率測定結果②」 大城 直人
3)「各種鋳造材料の導電率測定結果③」 茂泉 健
第8回
日時 2014年3月17日(月)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「各種鋳造材料の導電率測定結果②」 大城 直人
2)「各種鋳造材料の導電率測定結果③」 大日向 秀夫

平成24年度活動状況

第2回
日時 2012年4月12日(木)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「ダイカストのT5処理 ―シリンダブロックの残留応力除去―」 駒崎 徹
第3回
日時 2012年8月6日(月)
場所 山梨大学 甲府キャンパス
内容 1)「IACSに及ぼす合金品種と熱処理と黒皮有無の影響」 大城 直人
2)「導電率測定について」 中山 栄浩
第4回
日時 2012年11月29日(木)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「導電率または電気抵抗測定による固溶度評価に関して(過去の文献調査)」 原田 陽平
第5回
日時 2013年3月7日(木)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 1)「アルミニウム合金鋳物の導電率測定 予備実験結果」 茂泉 健

平成23年度活動状況

第1回
日時 1月20日(金)
場所 東京工業大学イノベーションセンター(田町)
内容 ①「アルミニウム鋳造合金の冷却挙動および残留応力に及ぼす焼入れ条件の影響」 茂泉 健
②「ダイカストの熱処理」 神戸 洋史
③「高周波誘導加熱装置による急速昇温を伴う溶体化処理がAC4CH合金鋳造材のミクロ組織と機械的性質に及ぼす影響」 猿渡 直洋

 

【軽合金研究部会】お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先

TEL   FAX

メッセージ本文

 

 メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
  OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本鋳造工学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.