公益社団法人日本鋳造工学会|Japan Foundry Engineering Society

研究報告

研究報告

★印は在庫がないためコピー製本で対応となります

送料:520円(国内)

残部数研究報告会員価格非会員価格発行年月
研報125 アルミニウム合金鋳物の熱処理に付随する諸現象の統一的理解-各種アルミニウム合金のT5熱処理における時効析出挙動と機械的性質-2,8003,600令和元年12月
研報124 鋳造CAEの活用と最適化5,0006,500平成30年11月
研報123 生型管理技術の再構築Ⅱ4,5005,800平成30年11月
研報122 特殊鋳型システムと環境適応化に関する研究4,8006,200平成30年11月
研報121 グローバリゼーションに対応した鋳造設備3,1004,000平成30年6月
研報120 鋳造品実態での評価技術の確立に関する研究(2)3,6004,700平成29年10月
研報119  鉛フリー銅合金,特に新JIS合金並びに低鉛青銅鋳物の諸特性に関する研究
銅合金鋳物の金型鋳造に関する研究
4,3005,600平成28年3月
研報118  鋳鉄材料の材質特性向上とレアアースレス化技術に関する研究4,9006,300平成28年3月
研報117 生型砂管理技術の再構築に関する研究3,6004,700平成27年12月
研報116 導電率測定によるアルミニウム合金鋳物のミクロ組織および材料特性の予測-簡易型導電率測定器による鋳造・熱処理品質管理の新しい提案-3,2004,200平成27年3月
研報115 人と環境に優しい鋳造設備技術3,4004,400平成27年3月
研報114 低エネルギーシステムと環境改善に関する研究4,1005,300平成27年3月
研報 113 鋳造CAEの活用と高度化およびひけ性評価に関する研究6,0007,700平成26年12月
研報 112 ダイカストの品質及び生産性向上技術4,8006,200平成25年7月
研報 111 鋳鉄の溶解技術・溶湯処理と材質向上に関する研究5,0006,400平成24年12月
研報 110 東日本大震災の被災対応に関する調査研究
3,3004,200平成24年10月
研報 109 特殊鋳型と低エネルギーシステムに関する研究3,1004,100平成23年11月
研報 108 鋳造業のSustainabilityを実現する設備技術3,0003,900平成23年9月
研報 107 アルミニウム鋳造合金のミクロ組織,機械的性質に及ぼす溶体化処理条件の影響3,5004,500平成23年3月
研報 106 ダイカストの高品質化5,3006,900平成22年12月
研報 105 鋳造CAEの活用と品質向上に関する研究 6,2008,000平成22年7月
研報 104 特殊鋳型システムと環境改善に関する研究(II)3,6004,700平成21年2月
研報 103 革新的次世代鋳造設備創生のための技術統合とその基礎技術の伝承4,8006,300平成20年3月
研報 102 鋳鉄溶解の高効率化に関する研究4,7006,200平成19年11月
研報 101 鋳鉄の高品位・高機能化とリサイクル技術に関する研究4,2005,500平成19年8月
研報 100 ダイカストのプロセス技術5,7008,000平成18年8月
研報 99 生型と環境対応技術に関する研究3,2004,200平成18年6月
研報 98 鋳造CAEによる現象解明と最適化に関する研究3,8005,000平成18年3月
研報 97 ものづくりの原点 ー鋳造技術と情報化時代ー3,5006,000平成17年9月
研報 96 軽量金属セミソリッド加工技術6,2008,600平成17年3月
研報 95 鋳鉄の溶解技術及び鋳造品高度化に関する研究4,6006,000平成16年10月
研報 94 鋳造品の非破壊材質評価技術に関する研究2,9003,800平成16年9月
研報 93 特殊鋳型システムと環境改善に関する研究3,6004,600平成16年9月
研報 92 鋳鉄材料の組織制御と高品位・高付加価値に関する研究4,2005,100平成15年11月
研報 91 高品質保証ダイカスト鋳造技術5,0006,300平成15年6月
研報 90 生型管理技術とその自動化に関する研究3,5004,500平成14年11月
研報 89 引裂試験によるAC4CH合金鋳物の簡易靭性評価2,8003,600平成14年11月
研報 88 特殊鋳型システムと環境管理に関する研究4,4005,800平成13年9月
研報 87 鋳造材料のエコマテリアル化に関する研究2,7003,600平成13年6月
研報 86 鋳鉄鋳造品の高度化・信頼性向上に関する研究4,4005,800平成13年5月
研報 85 鋳鉄材料の非破壊評価に関する研究4,4005,800平成12年9月
研報 84 鋳鉄材料の高付加価値化に関する研究 4,6006,000平成12年8月
研報 83 ダイカストの不良対策技術4,8006,200平成12年5月
研報 82 Al-Si系合金の鋳造諸特性に及ぼす微量元素の影響― 引け性の定量評価― 2,5003,000平成11年11月
研報 81 造型と砂管理もマニアル化に関する研究3,4004,400平成11年8月
研報 80 鋳物工場の設備と生産システムの融合化・統合化4,7007,100平成11年1月
研報 79 環境と特殊鋳型システムに関する研究(II)7,70011,600平成10年11月
研報 78 鋳造方案策定ルールの見直とコンピュータ利用に関する研究6,70010,100平成10年6月
研報 77 球状黒鉛鋳鉄の高性能化と生産管理システムに関する研究8,30012,500平成10年4月
研報 76 鋳鉄溶湯の性状及び材質に及ぼす微量元素の影響9,20013,800平成9年11月
研報 75 凝固・鋳造技術を利用した複合化プロセスに関する研究5,4008,100平成9年10月
研報 74 ダイカストの鋳造欠陥と対策8,30012,500平成8年12月
研報 73 生型の造型システムと品質に関する研究4,5006,800平成8年6月
研報 72 Al-SI系合金の鋳造諸特性に及ぼす微量元素の影響― 引け性測定・評価方法の検討―3,8005,700平成8年3月
研報 71 環境と特殊鋳型システムに関する研究5,3008,000平成7年12月
研報 70 湯流れシミュレーションと湯道方案の最適化に関する研究6,70010,100平成6年11月
研報 69 鋳造による複合化に関する研究8,50012,800平成6年7月
研報 68 Al-SI系合金のSrによる改良処理4,1006,200平成6年1月
研報 67 ダイカストの生産技術に関する研究10,70016,100平成5年12月
研報 66 鋳鉄溶解の操業効率解析4,0006,000平成5年11月
研報 65 鋳鋼品の表面欠陥とその欠陥対策の実例5,1007,700平成5年5月
研報 64 生型の品質評価に関する研究6,1009,200平成5年5月
研報 63 球状黒鉛鋳鉄の高性能・高機能に関する研究10,70016,100平成5年1月
研報 62 精密鋳造品の寸法変化と鋳型拘束に関する研究2,2003,300平成4年12月
研報 61 最近の自硬性鋳型の特性と評価に関する研究 4,8007,200平成4年9月
研報 60 鋳物工場のFA化の現状と問題点3,5005,300平成4年9月
研報 59 コンピュータシミュレーションによる鋳造法案の最適化6,80010,200平成3年9月
研報 58 鋳造複合材料に関する研究6,4009,600平成3年7月
研報 57 ダイカスト鋳造技術に関する研究8,30012,500平成2年11月
研報 56 システムサンドの特性と鋳型品質に関する研究4,4006,600平成2年7月
研報 55 鋳鉄溶解・溶湯処理技術と材質に関する研究4,7007,100平成元年12月
研報 54 鋳物工場の自動化に関する研究2,7004,100平成元年11月
研報 53 アルミニウム合金鋳物の介在物と機械的性質に関する研究2,2003,300平成元年10月
研報 52 特殊鋳型の造型法に関する研究7,10010,700平成元年7月
研報 51 精密鋳造品の銅ぶくれと鋳型条件に関する研究1,9002,900平成元年6月
研報 50 鋳鋼の表面状高品質化に関する研究10,00015,000昭和63年11月
研報 49 コンピューター鋳造方案に関する研究6,1009,200昭和63年12月
研報 48 高品位球状黒鉛鋳鉄に関する研究10,00015,000昭和63年10月
研報 47 鋳鉄溶湯の性状及び(超音波音速)判定に関する研究5,3008,000昭和62年10月
研報 46 鋳型用石膏の開発と石膏鋳造技術の改善に関する研究3,9005,900昭和62年7月
研報 45 システムサンドの制御に関する研究4,1006,200昭和62年7月
研報 44 可鍛及び特殊鋳型の欠陥対策― 主として介在物欠陥対策―4,7007,100昭和62年3月
研報 43 金属の凝固現象および鋳造欠陥6,5009,800昭和62年3月
研報 42 精密鋳造鋳型の高温性質に関する研究1,9002,900昭和61年11月
研報 41 アルミニウム合金のガス含有量と機械的性質3,0004,500昭和61年1月
研報 40 特殊鋳型の乾燥に関する研究2,9004,400昭和61年1月
研報 39 球状黒鉛鋳鉄の材質高級化に関する研究9,30014,000昭和60年9月
研報 38 システムサンドの安定化に関する研究3,5005,300昭和60年3月
研報 37 可鍛及び球状黒鉛鋳鉄鋳物の押し湯設計7,10010,700昭和60年3月
研報 36 精密鋳造品の引き巣と鋳造条件に関する研究2,7004,100昭和59年3月
研報 35 鋳物の破断面と特性に関する研究3,4005,100昭和59年2月
研報 34 鋳鉄溶解技術の現状4,0006,000昭和58年9月
研報 33 CV黒鉛鋳鉄の製造と諸性質に関する研究3,4005,100昭和58年7月
研報 32 鋳鋼の補修低減に関する研究3,8005,700昭和57年12月
研報 31 有機・無機自硬性鋳型の評価に関する研究8,30012,500昭和57年8月
研報 30 アルミニウム合金鋳物の組織と機械的性質2,9004,400昭和57年7月
研報 29 溶解炉用耐火物の損傷機構の検討3,8005,700昭和56年12月
研報 28 不純物を含むアルミニウム合金鋳物の疲れ強さ2,7004,100昭和56年8月
研報 27 精密鋳造品の寸法精度に関する研究3,9005,900昭和56年7月
研報 26 可鍛及び球状鋳鉄の介在物除去3,8005,700昭和56年1月
研報 25 システムサンドの品質評価と制御に関する研究3,3005,000昭和55年12月
研報 24 鋳鉄溶解に関する研究と技術の展望4,9007,400昭和55年7月
研報 23 鋳鋼の表面欠陥対策に関する研究4,4006,600昭和55年4月
研報 22 青銅鋳物の溶接に関する研究3,2004,800昭和55年4月
研報 21 鋳物工場のエネルギー実態調査および省エネルギー対策事例5,5008,300昭和54年9月
研報 20 実際に役立つ溶解炉用耐火物の施行と補修3,7005,600昭和54年9月
研報 19 有機質自硬性粘結材開発に関する研究4,2006,300昭和54年8月
研報 18 無機自硬性鋳型用粘結材の再評価に関する研究2,9004,400昭和54年8月
研報 17 鋳物の押湯設計(主として可鍛鋳鉄に就いて)5,7008,600昭和54年3月
研報 16 JIS鋳物用アルミニウム合金の問題点3,0004,500昭和53年3月
研報 15 鋳鉄の衝撃特性に関する研究1,9002,900昭和52年11月
研報 14 キュポラおよび低周波誘導電気炉に関する耐火物の検討3,8005,700昭和52年10月
研報 13 システムサンドの管理に関する研究4,4006,600昭和52年6月
研報 12 鋳鉄の溶接に関する研究1,6002,400昭和52年8月
研報 11 鋳鋼の焼着防止に関する研究2,5003,800昭和52年9月
研報 10 誘導炉による銅合金溶解作業方法の検討1,2001,800昭和52年2月
研報 9 インベストメント鋳造品の機械的性質と鋳型強度に関する研究4,4002,100昭和51年12月
研報 8 有機粘結砂の評価に関する研究1,4002,100昭和51年11月
研報 7 亜共昌Al-Si合金の引け性に及ぼすNa改良処理効果2,7004,100昭和51年3月
研報 6 鋳造工場の集じん・集煙の実例集5,8008,700昭和51年3月
研報 5 イスベントメント鋳造品の鋳肌と機械的性質に関する研究4,8007,200昭和50年2月
研報 4 鋳鉄の凝固と諸特性に関する研究1,9002,900昭和48年9月
研報 3 鋳鉄の特性と黒鉛化現象に関する基礎的研究6,3009,500昭和48年5月
研報 2 キュポラ集じん装置の選定法1,7002,600昭和48年8月
研報 1 水ガラス粘結砂の崩壊性に関する研究2,4003,600昭和48年3月
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本鋳造工学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.