シンポジウムテキスト

★印は在庫がないためコピー製本で対応となります

送料:520円(国内)

残部数シ ン ポ ジ ウ ム テ キ ス ト会員価格非会員価格発行年月
鋳造品に使える非破壊試験と評価基準の確立に向けて
-鋳造品実体での試験・検査技術と品質保証-
3,4004,400平成28年11月
第23回 鋳物工場における最新の技術と実際1,4001,800平成11年11月
第22回 鋳鉄及び関連プロセスの高度化,現状と将来1,0001,300平成9年10月
第21回 鋳物工場のFAシステムの現状と今後の展望2,4003,000平成7年12月
第20回 鋳造における情報処理技術応用とプロセス技術1,4001,800平成6年5月
第19回 可鍛及び球状黒鉛鋳鉄鋳物の欠陥対策1,0001,300昭和61年9月
第18回 精密鋳造技術の展望1,0001,300昭和60年10月
第17回 生型砂の管理1,0001,300昭和60年10月
第16回 球状黒鉛鋳鉄の材質高級化1,0001,300昭和60年2月
第15回 凝固現象と鋳造欠陥1,0001,300昭和59年10月
第14回 省エネルギー造型法1,0001,300昭和58年10月
第13回 鋳鉄の低周波誘導炉標準溶解操業法1,0001,300昭和58年5月
第12回 銅合金鋳物の実体強度とアルミニウム金鋳物の疲れ強度1,0001,300昭和57年10月
第11回 CV黒鉛鋳鉄1,0001,300昭和57年3月
第10回 造型法と鋳物の精度1,0001,300昭和56年10月
第9回 鋳造複合材料とその製造技術1,0001,300昭和56年1月
第8回 鋳物の耐熱性1,0001,300昭和55年11月
第7回 鋳鉄の熱処理1,0001,300昭和54年10月
第6回 不発行---
第5回 鋳鉄の摩耗現象と耐摩耗性1,0001,300昭和53年10月
第4回 システムサンドの管理と制御について1,0001,300昭和53年1月
第3回 不発行---
第2回 鋳鉄の強度と破壊について1,0001,300昭和51年1月
第1回 球状黒鉛鋳鉄における黒鉛球状化機構について1,0001,300昭和50年8月