平成28年度 各賞受賞者

 

 

第168回全国講演大会(平成28年9月24日,25日) 学生優秀講演賞受賞者

     旭川工業高等専門学校   本間 渉人君
     岩手大学大学院      雷  雨超君
     岩手大学大学院      渡邊 遼河君
     早稲田大学大学院     関口 修兵君
     三重大学大学院      宗宮 圭吾君
     京都大学大学院              宇野木 諒君
    

平成28年度 各賞受賞者一覧表

平成28年
公益社団法人 日本鋳造工学会
1.日本鋳造工学大賞 山内  康仁 君
大中  逸雄 君
長年にわたり学会の発展に力を尽くすとともに,鋳造に関する学問・技術の進歩向上に指導的役割を果たし,鋳造工業の発展に寄与された功績
2.論文賞
  優秀論文賞

志賀  英俊  君
佐藤  武志  君
神戸  洋史  君
本山  雄一  君
吉田   誠  君

「弾塑性クリープ構成式によるADC12合金鋳物の熱応力予測と有効性の実験的検証」(『鋳造工学』第87巻第7号掲載)
論文賞

菅野  利猛  君
岩見  祐貴  君
福尾  太志 君
宮井  菜月 君
中江  秀雄 君
平本  雄一 君

「鋳鉄溶湯における湯面模様とその発生メカニズム」(『鋳造工学』第87巻第1号掲載)

柳楽  知也  君
安田  秀幸 君
森田  周吾 君
柳井  森吾 君
杉山   明 君
吉矢  真人 君
上杉 健太朗 君

「Al-Cu合金の固液共存体の変形による凝固割れのその場観察」(『鋳造工学』第87巻第8号掲載)
3.クボタ賞 大塚  公輝  君 「自動車用鋳物(鋳鉄,鋳鋼,アルミ,精密鋳造)に関する製造・研究開発を通じて,鋳造業界及び鋳造工学会の発展に大きく貢献」

4.飯高賞

熊井  真次 君

「鋳造材料の製造プロセス,組織制御,信頼性・耐久性評価に関する基礎的研究」
5.功労賞

村瀬   充 君
小綿  利憲 君
井田  雅也 君
橋本  邦弘 君
米北  洋一 君
今西  寛文 君
軍司  義次 君

長年にわたり学会の運営に尽力し,その発展に多大な貢献をされた功労
6.技術賞

岡根  利光 君
徳永  仁史 君
本山  雄一 君

「高速な粒子法湯流れシミュレーションによる対話的湯道設計システムの開発」

神谷  俊吉 君
高峰  知行 君
柴田  直哉 君

「ハイブリッドスクイズ製法によるアルミ合金サスペンション・アームの開発」

植杉   浩 君
鹿島  和彦 君

「鋳造トレーサビリティ・システムの構築」

足羽  晋也 君
上原  健文 君
松本  圭司 君

「品質工学を用いた科学的アプローチの実践による鋳造プロセス改善」
7.網谷賞 株式会社及精鋳造所
吉見塾 分家

改善事例『5源主義を用いた生型ラインでの鋳鉄製センサー台のすくわれ不良低減対策』(『鋳造工学』第87巻第2号掲載)

美濃工業株式会社
技術部技術課

改善事例『アルミ製エンジン制御機ケースの同一ダイカストマシンによる2個取り化への挑戦』(『鋳造工学』第87巻第3号掲載)

日鋼テクノ株式会社
方案サークル

改善事例『製品寸法測定精度の向上,模型製作期間の短縮など3D化で補うモノづくり改善活動』(『鋳造工学』第87巻第5号掲載)

東静工業株式会社
伊東FM工場

改善事例『フルモールド鋳造用の発泡模型製作における組立工数の削減』(『鋳造工学』第87巻第6号掲載)

有限会社渡辺鋳造所
中子QIサークル

改善事例『水ガラス-CO2中子の強度低下の原因究明とその対策』(『鋳造工学』第87巻第11号掲載)
8.豊田賞 日産自動車株式会社 パワートレイン生産技術本部 「ボア溶射用シリンダブロックのダイカスト素材鋳造技術開発」
トヨタ自動車株式会社 「パルス式離型剤スプレーのダイカスト量産ラインへの適用による生産性向上」
アイシン高丘株式会社 「薄肉耐熱鋳鋼タービンハウジングの技術開発と実用化」
9.日下賞 水木   徹 君 「鋳鉄溶接時のピンホール発生現象解明とそれを防止する溶接技術の開発」
竹内  宏光 君 「支部YFE活動に対する貢献及び高強度鋳鉄品の溶解・鋳造技術の開発」
梅谷  拓郎 君 「鋳造技術の開発及び日本鋳造工学会並びに鋳造業界発展に貢献」

 

「日本鋳造工学会」について

行事・活動

 

技術相談

関連リンク

 

技術相談・論文執筆相談

 

支部・関連団体リンク

 

ENGLISH

お問い合わせ

サイトマップ

入会案内

会員情報変更

 
プライバシーポリシー | アクセスマップ
Copyright© 2010 Japan Foundry Engineering Society. All Rights Reserved.