公益社団法人日本鋳造工学会|Japan Foundry Engineering Society

第92巻シリーズ「スポーツの世界で活躍する鋳物」

  • HOME »
  • »
  • 第92巻シリーズ「スポーツの世界で活躍する鋳物」

第92巻シリーズ「スポーツの世界で活躍する鋳物」

Vol. 92 No. 1「軽量高剛性アルミニウムホイール」
(アルミニウム合金のピンホールレス砂型鋳物)

令和元年度Castings of the Year賞受賞作
ヤマハ発動機株式会社


Vol. 92 No. 2「耐破壊型ダクタイル鋳鉄製小便器」

令和元年度Castings of the Year賞受賞作
伊藤鉄工株式会社


Vol. 92 No. 3「スケートボード」

第92巻の表紙の写真は,「スポーツの世界で活躍する鋳物」です.言うまでもなく今年はオリンピックイヤー.さまざまなスポーツが関心を集めています.そして,スポーツの道具の世界にも鋳造品あり.今年はそんな鋳物を紹介しています.

 今月は,スケートボードです.スケートボードの鋳造品は,トラックと呼ばれる,デッキ(板)とウィール(車輪)をつなぐ部分(右写真).強い力に耐えられるよう,頑丈に作られています.地味なようですが,これはスケートボードにおけるハンドルのようなもの.乗り心地や操作性を左右するもっとも重要な部品で,スケーターはトラック選びを非常に重視します.

今オリンピックから正式種目となるスケートボード.日本人のメダル獲得も期待されています.競技を見るときは,ぜひトラックにも注目してください.


Vol. 92 No. 4「スターティングブロック」

陸上競技にもいろいろな競技がありますが,花形の一つが短距離走です.トラックで行われる100~400メートル走や400,1600メートルリレーのスタートには,勢いをつけるためにスターティングブロックが使われます.選手はスタート前にブロックの足を置く部分の位置とブロックの角度を調節し,競技に挑みます.スターティングブロックは選手に合わせて簡単に調整することができるような構造となっており,多くの部品はアルミニウム合金鋳物で作られています.鋳物は縁の下の力持ちです.

 

4月は新しい年度が始まります.我々もしっかり足場を固めて,スタートダッシュしましょう.


Vol. 92 No. 5「自転車競技」

 

自転車競技には,ロードレース,トラックレース,BMXなど様々な競技があります.それぞれの競技に合った自転車が使われていますが,強度,剛性,軽量などの特性が要求され,使われる材料が変わってきました.フレーム素材は,スチールからアルミニウム,CFRPへと変遷してきました.軽量金属材料では,展伸材や鍛造材が多く使われていますが,フレーム部材,ブレーキ,変速機,ペダルなどの部品にはアルミニウム合金ダイカストが多く用いられています.右の写真は,ペダルボディのダイカスト素材です.耐衝撃性と耐食性などが求められるため,ADC6合金ダイカストが適用されています.表紙写真はツールドフランスでの新城幸也選手,東京オリンピック代表を目指しています.

写真提供:大前事務所,㈱三ヶ島製作所

 


Vol. 92 No. 6「ハンマー投のハンマー」

 

ハンマー投は,金属でできた球(ヘッド)とハンドルをワイヤーで繋いだハンマーをどこまで遠く投げられるかを競う競技です.元々は,金槌に鎖をつけて投げていたのが始まりとされています.

ハンマーは「ヘッド」,「ワイヤー」,「ハンドル」の3つのパーツで構成されており,3つのパーツ全てを含んだ重さは一般男子で7.26kg(16ポンド),一般女子が4kgです.この重さは砲丸投の砲丸と同じです.ヘッドの直径は一般男子で11~13cm,一般女子で9.5~11cm,ヘッドからハンドルまでの長さは一般男子で1.215m,一般女子で1.195mと定められています.

ハンマー投は遠心力を使って投げるため,ハンマーの重心は遠い方が良く,既定の範囲でできるだけヘッドを小さく重くしています.80mも飛ぶので強度も必要となり,中空のダクタイル鋳鉄の中心部に鉛とタングステンを入れたものもあります.ハンドルには軽量化のため,ジュラルミンを使っています.

 


 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本鋳造工学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.